2019年09月01日

セリフのバリエーション



いやぁ=
モチベーションが底のまま上がらない
というか異常に眠くて眠くて…

昔から季節の変わり目にはそんな感じになってたけど
今年は春先からずっと、真夏なのに全然治まらんね
こう書いてる今もめちゃくちゃ眠いんだ…(=_=)


製作の方は

実はまだ台本が仕上がっていなかったんで
それを詰めていたりしてましたかね
どんだけ時間かかっているんだって話だけど

どうしても肝心のエロシーンのセリフがね…
なにぶん素人なもんでバリエーションに乏しくて乏しくて
セリフが同じことばっかりになりがちで
ばちっとクるセリフが思いつかんのですよ

妄想に妄想を膨らませて書き上げたけど
飽きずに見てもらえたら良いなと願うばかりでございます


自分は、エロシーンは余計なセリフ無く
喘ぎ声と息切れだけが聞こえるという
行為に集中しているゾって様が一番エロいと思うんですよね

紆余曲折ありありで、ついに合体して夢中で貪り合うっていうのがね
いいんだよね

そういう理想があって
この姉弟を行為にドはまりさせているわけだけど
なにか、まだ足りないという気はしている

シナリオってほんと難しいよねぇ

エロゲシナリオライターとか
実は凄い人たちだったんやな…ってひしひしと感じている今日この頃


そんなこんなで

声優さんの録音用の動画に
セリフの字幕付けをしている所でございます

喘ぎ声はアドリブでお願いしてもいいと許可頂いてはいるけど
何処までお任せするべきか…

声優さんが尺を合わせて読みやすいような工夫をした編集もしたいんだけど
何が正解なのかなぁ
って軽く頭を悩ませている最中

なんかほんと色々難しいわ(;=_=)





じゃあ今月も最後におまけだけ付けて終わります

今回も作品で使うやつじゃないですー
なんかいつ作ったかわからないモーションを発掘したので
それをレンダリングしてみたやつです


続きを読む
posted by 管理者 at 00:16| Comment(18) | 製作日記

2019年07月31日

完成の形は見えてるけど先はまだまだです


あっっつぅいヽ(゚Д゚;)ノ!!
夜や早朝でも27度とか28度とか…

去年もやばかったけど
今年もこんななるんですね
これからずっとこうなるのかな
怖くなりますね…


なんか今月は気分が落ちてて
心が死んでたナ…
心踊るような感覚ってもう無いのかなぁ(´д`)

そういえば
超強い母親がメインのアニメが始まったようで
本編は見ていないけど
母子姦物の薄い本の可能性について
こっそりと期待しております

とはいえ
今や私も作る側にいるわけで
他の先生方に期待しているばかりではなく
自分の作品を完成させないとね…


で、今作品についてですが

どのシーンでも使えるという点を重視した構成で作っていた結果
ほとんど全プレイで挿入からフィニッシュまで完結させているシーンだらけになっていて
確かにエロイとは思うんだけど
全体を通して見ると
何故かインパクトに欠けるというか
それぞれのプレイの印象が薄くなっている気がしていました

まぁそれも仕方ないかなぁ…と放置して進めてたけど…

一部挿入シーンをカットして
あえて挿入しない方向も試してみたら
作品全体として綺麗な繋がりが出来た気がする

あえて挿入させず、溜めを作る事でメリハリが生まれて
以後の挿入シーンの印象が強くなる
って事かなと思う(´д`)ふむ

前戯止めというのも一つの演出なんだなーと
なんか勉強になった気がしましたという話でした


おかげで多少スリム化できて
作品の再生時間がトータル45分位になりました
前作も同じ位だったっけな…?

これTVアニメサイズだと2話分だよね…
全体を確認するだけで最低45分かかるって考えると
結構キツイな…(;´д`)フー

まぁ、なんだかんだ
完璧とは言えないけど
これまでと同じ方向性のうちの作品らしい作品になると思う

まぁ低クオリティのエロアニメには負けないだろ位の低いハードルに設定にして
完成に向けて粛々と作業に励むことにします



で、おまけは

今回本編の話の流れ的に使わなくなったけど
結構頑張って作っていたシーンを一つ
勿体無いからアップしちゃおうって事で


続きを読む
posted by 管理者 at 23:03| Comment(24) | 製作日記

2019年07月01日

真夏のレンダリング地獄が始まる


はぁ、もう月末か
もう完全に夏の日差しになってしまいましたね
暑い暑いです…
そしてPCのファンがうるさい
レンダリングはCPU100%で何時間も稼動させ続けるのでね…

けど、花粉が終わったし
外に出れば女の子達はめちゃくちゃ薄着だし
女の子達の生足を見たら創作意欲も湧くってモノですわな

うん、夏も悪くない
と、堂々と変態発言を挨拶に置いてみる…

どうもどうもIMPです(´∀`)ノ


私事ですが、制作をする時は大抵Youtubeを垂れ流しながら作業しておりまして
作業に丁度良いというのもあり
去年からはずっとVtuberというジャンルを主に追っております(´-`)

可愛い美少女キャラが演者の動きに同期して動き
リアルタイムに対話している
あたかもアニメキャラが自主性を持って視聴者と対話しているようで
この新しいコンテンツはなんか夢があるなぁと気に入っていましてね
気付いたらなんか毎日のように配信を追っている次第

まぁ追えば追うほど演者さんの生活感が出すぎて
アニメキャラクターというより
アニメの皮を被った生配信者という見え方の方が目に付く気がしないでもないけど・・・
そういう推移を含めてのVtuberというコンテンツなのかもしれません

まぁ私も一応はキャラクターを作るための最低限の知識と環境は揃っているわけで
声優さんを雇ってIMP販促Vtuberとかなら夢はありそうだなぁ
等と彼等彼女等を見ながら妄想していたりいなかったり

こういう妄想をしている時が一番幸せなんだよね(´∀`)

取り留めの無い話をしてしまいましたが
ともあれ
この新しい文化は良いと思います
これからも応援していきたいですね(´ー`)


まぁROM専なんですがね・・・

とまぁ心の中でVtuberを応援しつつ
今月の制作は…
レンダリングばっかりしてましたかね

前から感じていたけれど
この新しいレンダーは影が凄く濃く出て扱いにくい…
GIっていうフォトリアルにする設定を利用すれば
めちゃくちゃリアルになってこの影の濃さが丁度良くなるんだけど
なにしろソレを利用するとレンダリングが長くなりすぎるので
使用が現実的じゃない感じ

この影の具合によって
作業ビューでは可愛く見えていたキャラが
レンダリングをしてみると
あまり可愛く見えなくなっていたりするんで
影が濃いというだけで結構調整が大変なのでございます

キャラは何より顔が命ッスからね
どのシーンでも使えるようにするために
全カット可愛く映っているようにしたい

まぁ
おまけで上げているのと同じ編集方法と同様
ソース画像は暗めのままで
動画編集ソフトの方で光を強めにして影を飛ばす方向がやっぱり落ち着くのかなぁ


そしてあとレンダリング以外にも
精液の方のテストもしていて
なかなか面白い映像になっていたので
おまけの方にアップします



おまけの動画置き場です
posted by 管理者 at 00:49| Comment(23) | 製作日記