2018年06月30日

姉弟のカンケイ4  最早おまけが本編


どうもどうもIMPです


いきなりですが
今回もレンダリングが間に合わず
おまけ動画は明日か明後日アップです

本編でも使用する手マンシーンなのですが
おまけ用の低画質と言えども
自分でも仕上がりが気になる

結構挑戦的な試みなので
果たしてどうですかねー

まぁ、レンダリングしたらアレそんなはずでは・・・?って可能性もありますが

明日明後日には上げられると思いますので
気が向いたら覗いてみてくださいませ


で、今月の制作は何を作っていたか・・・
冒頭のシーンの変更、追加をしていました

朝、家族が顔を合わせる事になる食卓

顔を見ればそれぞれに思い浮かんでしまう
昨日のセクロスシーン的なヤツです

回想シーンは前作のものをそのまま流用しようかと思いましたが
新しく作ってしまいました
それもまた変な体位を思いついちゃったので
作らずにはいられなかった・・・
冒頭からジャブとしてはガッツリなシーンって感じです

まぁ、冒頭からセクロスというのはシリーズ全部一緒ですね(;´-`)

本当はその同一パターンを回避するのに
別シーンを構成していたのですが・・・
まぁ、この作品から入る人もいますし
やはり最初からガツンと下半身を刺激するのが重要でしょうと言う事で(;´-`)



母親の絡みに関しては
やはり未だに悩む所ではあります

今作は3より母を感じる位置で姉弟が近親相姦を愉しむという趣旨で構成してありますし
母を絡めた目的のシチュがあるのですが
その繋ぎにピンと来ていないので
今作を作っている間に練り直しておきましょう

結果、今作は前作とあまり変わり映えしない姉弟のカイケイになるのでよろしくお願いしますね

モーション自体は3より大分クオリティが上がっていると思うので
そっちで愉しんでもらえたら良いなって感じですね


あと、60fpsで作るか30fpsでシリーズを統一するかと言うのも
悩み所ですかね
60fpsの方が良いに決まっているのですが
前作30fpsで容量が1Gだったし
単純に倍だもんね
ちょっと無理かなぁ・・・




てか・・・おまけ用動画
レンダリングでフリーズしすぎて
もう何十回も強制終了再起動を繰り返してるんだけど・・・Arnoldよ・・・

この調子だと明日アップも難しいかも?

と、
また最後にチクッとソフトに文句を垂れて終わり

結局大した進捗を報告できず申し訳ないです

気長〜によろしくお願いしますm(_ _)m

続きを読む
posted by 管理者 at 23:42| Comment(40) | 製作日記

2018年05月31日

姉弟のカンケイ4 ソフトの習熟に悪戦苦闘中



どうもどうも(´・ω・`)ノ
って
1ヶ月早いッスね(;´д`)


最初に書くのもアレですが
何時発売だという問い合わせは未だに頂くので
最初にお伝えしておきますと・・・

製作はまだまだ終わりません
何時頃になるかもわかりませんので
何卒よろしくお願いします・・・

特に海外の人の中には
ちゃんとした製作会社で作られていると勘違いされている方もおられるようで
なんとも嬉しいような申し訳ないような・・・なのですが

ほんと、個人の趣味みたいなものなので
マイペースでやらせて頂いてますから・・・
と、ココに書いても届かないだろうな(;´∀`)


と、まぁソレはさておき
今製作のほうは何やっているかというと

ソフトの仕様変更に悪戦苦闘している日々です

主にレンダリング周り!!!

ほんと仕様が変わりすぎてめちゃくちゃ・・・

テクスチャを全部設定し直さないといけないし
ライトも全然変わってしまっているので
以前に使っていたライトがほぼほぼ使えない状態だし


中でも最も危機感を感じている部分が髪の毛のマテリアル

通常のマテリアルだと
基本的に光が当たる方向に円として光沢を返すわけですが
それを髪の毛に使うと
プラスチックのような硬質な素材にしか見えなくなっちゃうのです

特にうちの場合は
本当にプラスチックで出来たフィギュアになってしまうわけです(;´∀`)

なので髪の毛用に特別なマテリアルが用意されているわけですが

どうやら今回のレンダラーは
ゲームCGで使うようなサラサラのヘアー用に用意されている感じ?

ウチのようなブロック状の髪の毛なんて全く想定していない気がする
実際に使ってみると
なんとも蓮コラみたいな気持ち悪い模様が頭全体を覆ってしまって
ソレの解決方法がさっぱり見当たらない

今回おまけでアップしたお母さんの髪の毛は
黒単色にする事で誤魔化したけど
本編で使用するのはどうするべきか真面目に考えないと
キャラクターにとって髪の毛は相当重要ですよね・・・

まぁ他にも
レンダリングしたら全身のポリゴンエッジが青く浮かび上がっていて
めちゃくちゃ気持ち悪い画像が出来上がったり

このレンダラ、ほんと謎過ぎる(´〜`)

レンダラーを買うと言うのが有力な選択肢なわけですが
前に薦めて頂いたVrayはVrayで結構お高い・・・
まぁ、とりあえず
買うなら慣れてるmentalrayかなぁとは思うけど

この問題児なArnoldも影の出方とかは好きなので
使ってみたいは使ってみたいのもあるし・・・
う〜〜悩むぅ(´〜`)

って、またわからない人には
さっぱりわからない記事になってしまった
ごめんなさい

見る側にとって
どのように作られているかは
全くどうでもいい話なのは重々承知しているので
次回からは控えます(;´д`)

実際使用してみたら
ストレスな部分が結構多いバージョンアップでイライラしちゃった(´∀`)


そんなこんなでも
一応今回もおまけは用意できましたので
お暇があれば見てやってください

続きを読む
posted by 管理者 at 21:50| Comment(36) | 製作日記

2018年04月30日

姉弟のカンケイ4 バージョンアップ

どうもどうも(´д`)ノ
ワタクシは
なんとかかんとか生きていますヨ


前投稿のカンケイ4の構成の話で

お母さんとのガチセクロスを期待していたのに
お母さんの扱いが気にいらないという方が結構おられるみたいです

ある程度予想はしていましたが・・・

姉弟のカンケイを気にいっていると言って下さる方は
私も含めあの二人のベッタベタな関係が好きと言う事だと思うので
お母さんはその関係を崩さない程度の位置が結果的に良いだろうなぁという事で
そんな判断を出しました

とは言え、優くんとの絡みが全く無いというわけではなく
結構やる事はやりますので
今回のこの言葉もやんわりと受け止めて頂けると有難いです

私の主食である母子姦は母子姦作品として
次の作品でガッツリ作って行きたいので
今回はごめんなさいという事でよろしくお願いしますm(_ _)m

まぁそもそもストーリーなんてあって無いような作品なので
ほんと軽い気持ちで
一つの家庭内の異常なシチュエーションだけを愉しんで貰いたいかなと思います


すべての人が満足する作品などと言うものは
絶対にありえないと思いますし
こんな素人の嗜好を満たすだけの作品ならば尚の事なのでしょう

ただそんな中でも
誰か一人でも痛い程股間を熱くする作品となっていればそれで良いです(´ー`)
作風からして万人受けするタイプでは無いしね




で、製作の方ですが

前回書いたように
メインで使用しているソフトを一気に7年分飛び越えてバージョンアップしました

操作方法自体は大きく変わっていない事と
試用版を弄っていたので
操作系は問題なく移行できました

肝心の物理シミュレータが抜群に性能アップしておりまして
非常に扱いやすいです(´ー`)

前のように一箇所つきぬけた途端に爆発するような挙動もなく
理想の形をつくりやすくなっていますので
期待大でございまする

その物理演算を用いまして
早速今作チャレンジする膣内描写
そちらを色々と試行錯誤しております

実際に試してみて分かったのは
漫画やエロゲとは違い
常に動きまくる3DCGでの断面図描写の表現方法は思いの外難解


厚みを持つ「肉」が3DCGでは作れないと言う事
ポリゴンは表面しか無い張りぼてなので
半分に割っても肉を持つ断面にならないと言う事

どうにかならんかと
つるつるの脳みそを稼動してみた所で
頭の良い人やCGのエキスパートでも無い私には無理!

でもまぁ
チャレンジは大事なので
わたしなりに表現してみた膣内描写の試行品を
今回皆さんにちょっと見てもらおうかなと用意した・・・かったのですが

ココで新バージョンの問題点が・・・
レンダリング周りが大幅に変更されておりまして
コレまで設定されていたテクスチャが全然使えないのでした・・・

それを設定しなおしまして
レンダリングを始めたわけですが

これがまた。。。

静止画は大丈夫だけど
連続画はライセンス購入しないと駄目よ。とか酷い・・・
年間24万のソフトでバッチレンダリングすらまともに出来ないとか
どうなのよ・・・
前は普通に出来たじゃん何しんのよ・・・

はーこれには流石にワタクシもご立腹でございますよ


しかも唯一出来る静止画のレンダリングすら固まる固まる
本体とプラグイン側のデータの連携が上手く取れていない気がするんですが・・・
レンダリング以外は文句無いんですけどねぇ
コレは使い物になるんですかね
ちょっと不安になってきました(´・ω・`)

一応回避方法も見つけて
それでレンダリングを試していますので
うまく出来ましたら
後日おまけの方にアップします


ではでは
続きを読む
posted by 管理者 at 21:40| Comment(34) | 製作日記